Once Upon a Time...

東大卒のパートタイムママです。海外の田舎(今はイギリス)で取り組むバイリンガル育児が中心のブログです。

家で母語を話すバイリンガルの子供はIQが高いという話

我が家では「家では日本語」「外では英語」をできる限り徹底している。娘が産まれて以来このやり方でいいのかと悩みながら来ているのだが、勇気づけられる研究結果を読んだので少し前のニュースになるがご紹介したい。

 

家で母語を話すバイリンガルの子供はIQが高い

 

BILINGUAL CHILDREN WHO SPEAK NATIVE LANGUAGE AT HOME HAVE HIGHER INTELLIGENCE

https://www.reading.ac.uk/news-and-events/releases/PR773873.aspx

 

自宅で日常的に母語を使ってコミュニケーションをしているバイリンガルの子供は、そうでないバイリンガルの子供と比べてIQが高いという研究結果がでたそうである。

研究の対象となったのは、イギリスに住む7歳から11歳のバイリンガルのトルコ人の子供たちである※。対象となった子供たちは全員学校では英語で教育を受けている。しかし家庭ではトルコ語(母語)を話す子供の方が、家庭でも英語(第二言語)を話す子供よりIQテストのスコアが高かったとのことである。

この調査を行った研究者によれば、2つの言語で言葉を学ぶプロセスとして、「小さいうちに第一言語でその言葉のコンセプトをつかんでおいて、後から(学校で)第二言語でそれを意味する言葉を学ぶ方が理解しやすい」そうである。

このことは直感的にも納得しやすい。何か新しいコンセプトを学ぶときに、それをあまり馴染みのない言葉でやるのは難しいということは容易に想像できる。

この研究を行ったグループは、外国で子供を育てている人は、家庭で子供と話すときには母語を使い続けることで子供の知能を伸ばすことができると説明する。

 

家庭で母語を話し続けるには相当な努力が必要なこともある

子供が学校に行くようになると必然的に子供は一日の中で英語で話す時間が増えてくる。親と遊ぶよりもお友達と遊ぶ方が楽しくなってくる年ごろでもある。親と話すときしか使わない言葉よりも、学校で友達や先生とコミュニケーションをとる言葉の方に興味が出てくるのはある意味当然かもしれない。

今回の研究は、両親のうち少なくともどちらかが大学を出ている家庭が抽出されている。このことから、調査に使われた親の多くは英語もある程度は話せる人が多いと考えられる。それでも敢えて母語で話し続けるには親側にも相当の努力がいる。子供が英語で話したがる場合は、気を抜いていると子供との会話の中で英語が占める割合がどんどん増えていってしまうからだ。

子供が英語で話しかけてきたときに親が母語(便宜上以下日本語と書く)で返すと、鬱陶しく感じる感じる子供もいるだろう。余計に英語に固執してしまうこともあるかもしれない。

 

親が英語ができない方が子供はバイリンガルになりやすい?

私が今までに会った完璧なバイリンガルの友人の中で、とても優秀な人が二人いる。正確に言うとそのうち一人はもう1言語できるのでトリリンガルである。二人とも日本語と英語ともに単に話せるだけではなく、非常に高い文章力及びコミュニケーション能力を両言語で持っている。初対面では「視野の広いしっかりした考え方の人だな」という印象を受けた。とても自然で丁寧な日本語を話すので明らかな「外国帰り」という雰囲気ではない。2人とも海外で生まれ育ったが、日本の上位の大学を卒業し、今は国際的な仕事に就いている。

そんな2人に如何にしてバイリンガルになったのかを詳しく聞かせてもらったことがある。この話はまたいつか整理して記事に書きたいと思っている。

2人に共通していたのが、家では常に日本語があふれている状態だったということである。両親との会話はもちろん、日本語の本、教材、通信教育、(近くにあれば)補習校、、。今のように手軽にYouTubeで日本語の動画を見せてあげられる時代ではなかったため、ご両親がかなりのエネルギーを使って自宅での日本語環境を整えていたことが想像できる。

また、その2人のうちの一人は、「両親が英語が得意じゃなかったのが良かったのかも」と最近になって思っている、と話してくれた。学校に行き始めてだんだん英語の方が楽になってくる時に親にも英語が通じてしまうと、頑張って日本語をひねり出して話す作業が面倒になるのだろう。

我が家では「家では日本語」「外では英語」で通しているものの、私と娘が他の親子と一緒に出掛けるときなど、娘は私が英語を話すところを小さい頃からよく見ている。一方で、夫が英語を話すところを娘はあまり見たことがない。週末などに家族で出かけてレストランなどでオーダーするときぐらいだ。夫は家族ぐるみの付き合いが苦手なため、イギリス人のママ友宅へのお呼ばれなども年に数回しか来ない。家でも夫はもちろん一貫して日本語なので、娘は3歳半ぐらいまでおとーさんは英語ができないと思っていた。ある日私がおとーさんは英語で授業してるんだよ、と言ったらものすごくびっくりしていて笑ってしまった。

しかしもしかしすると、これが功を奏して娘の日本語が伸びた可能性もある。娘は私相手に話しているときはポロポロ英語が混じることが多くなってきたが、夫と話しているのを聞いていると100%日本語で話している。また夫は4歳児相手の会話でも難しい単語を容赦なく使って話すため、娘の語彙力アップに貢献しているのかもしれない。

 

最後に

これから小さな子供連れで海外へ引っ越す人の中には、自分が英語があまり得意でないとどうやって子供の英語をサポートしたらいいだろうと不安になる人も多いかもしれない。海外にいる間にぜひ子供に英語を身に付けてもらいたいと思いつつも、自分の英語力が、、と心配になる気持ちもわかる。

でも家では子供に苦手な英語で話す必要は全くない。子供が日本語力をキープしつつ英語(もしくは他の現地語)を習得するのには、親が英語ができない方がきっとうまくいく。

日本人ママと現地人パパの国際結婚夫婦でも似たような話をよく聞く。海外在住の国際結婚カップルで子供をバイリンガルに育てようとしている人たちは一人一言語ルール(ママは日本語、パパは英語、のように)で取り組んでいるところが多い。でも日本人ママの英語が流暢であればあるほど、自然と家族の会話が英語に傾斜していき、「ママとは日本語」「パパとは英語」がキープしにくくなる。

海外に住んでいると、つい英語力アップの方に意識がいきがちである。でも海外にいるからこそ、子供と質の高い会話を母語でたくさんしてあげる方が長い目でみるとずっと意味のあることだと思う。

 

 

 ※トルコ語はインドヨーロッパ系の言語ではないため、イタリア語やフランス語などと違って英語とは関連性が低い言葉である。日本語もトルコ語と同じく英語と関連性の低い言葉である。よってこの研究結果を英語圏に住む日本人の子供の言葉の発達の参考にしても問題はないのではと思う。