Once Upon a Time...

東大卒のパートタイムママです。海外の田舎(今はイギリス)で取り組むバイリンガル育児が中心のブログです。

ブログタイトル変えました

 

 タイトル変えました!

「海外田舎暮らし主婦のもやもや日記」というタイトルでこれまでブログを書いてきましたが、もやもやしていた部分がだいぶ解消されてきたのでブログタイトルと中身が合わなくなってきました。

 

kamemari.hatenablog.com

 

 

そこで、アクセス数から判断するに私のブログ記事の中では、研究者ネタ系とバイリンガル教育系の話がよく読まれているようなので今後はこの2つに焦点をあてたブログにしようと思います。

イギリス文化の記事はもっと詳しい方々がたくさん書いているのでわざわざ私が書かなくてもいいことに今さらながら気がつきました💦

 

私たち夫婦は東大卒です

今までブログでは書いたことありませんでしたが、私たち夫婦は二人とも東大卒です。正確には私は院(修士)だけ東大で学部は他校なので「なんちゃって」と言われるかもしれませんが。夫は学部も院(修士)も東大です(その後アメリカの大学で博士号をとってます)。

東大まで行ったのに専業主婦をしている、というのが自分の中でどうも整理できない時期があり「もやもや日記」を書いていました。でも全ては「過程(=プロセス)」だということに気づいた頃から、過去にとらわれる必要はなく今を楽しめる余裕がでてきました。今は在宅でできる仕事も見つけたので、育児とのバランスをとりながらそちらも頑張ろうと前向きです。

お子さんの幼児教育や受験などに力を入れておられるブロガーさんの記事を読んでいると、やはり東大入学というのはひとつの目標として頭に置かれている方も多いようです。私たちの娘はまだ4歳なので大学はまだまだ先の話です。でももし日本で大学に行くことになればぜひ東大に行ってもらいたいなぁとなんとなくは思っています。

そこでここはひとつ東大卒夫婦というのを全面に出したブログにしてみようと思いいたりました。

それに加えて、在外研究者を取り巻く現実を妻目線で引き続き書いていきたいと思います。

 

言葉の学習の目指すところ

私は東京で外資系の会社で働いていたこともあり、まわりにバイリンガル・マルチリンガルの人がたくさんいました。いろんなパターンの人がいましたが、海外で生まれ育ってわりと大きく(高校生とか)なってから帰国した人たちは大きく2種類にわかれるように思いました。両親ともに日本人か片親だけが日本人かにかかわらず、英語(もしくは他の現地語)ネイティブでさらに読み書きも含め日本語も問題ない人たちがいる一方で、日本語は日常会話止まりの人たちも多くいました。後者の人たちは本人のアイデンティティも日系〇〇人、という印象を受けました。

私たちは今海外で娘を育てていますが、娘は日本人として育てたい(しいて言うなら「国際的な日本人」として育てたい)という思いがあり、日本語が不完全だとやはり文化を理解するのは難しいと思っています。

環境的なアドバンテージを活かして英語を習得してもらいながら、いかに日本語力を伸ばすかが今後の課題だと認識しています。

そこで今後はバイリンガル教育に関して思うところや、家で取り組んでいる言葉の学習などを記事に書いていこうと思います。

引き続きよろしくお付き合いください!